家づくり勉強会 モデルハウス見学会 個別相談会 資料請求
111周年 

R+house

blog

ブログ

「外構で家の雰囲気は大きく変わる?!外構のあれこれを紹介!」

2024.04.30

皆様、こんにちは。

大阪の大東市で注文住宅を手掛ける≪トミタの家づくり舎≫の住宅アドバイザーの伊藤です。

今回は、お家の外側にあたる外構の計画で家の雰囲気が変わることについてお伝え出来ればと思います。

目次
 1.はじめに:家の雰囲気を左右する外構デザインの重要性
 2.低予算でも魅力的な外構を実現するポイント
 3.コストを抑えつつデザイン性を高める外構材料選び
 4.若い方におすすめ!コスパ最強の外構デザインアイデア
 5.外構計画時に見落としがちなポイントとその回避方法
 6.工務店が提案する予算内で叶える理想の外構デザイン
 7.まとめ:賢く予算を管理しながら理想の外構を実現する方法

 

 1.はじめに:家の雰囲気を左右する外構デザインの重要性

トミタの家づくり舎|「外構で家の雰囲気は大きく変わる?!外構のあれこれを紹介!」

家を建てる際、多くの人が内装や間取りに注目しがちですが、外構デザインが住宅全体の雰囲気を大きく左右することを忘れてはいけません
外構とは、家の周囲の庭、塀、門、アプローチなど全てを指し、家そのものの顔とも言える部分です。
適切な外構デザインは、単に美しいだけでなく、住まいへのアクセスを向上させ、プライバシーを保護し、さらにはセキュリティ機能を高めることもできます。

特に、予算を重視しながらもデザイン性の高い家を求める方にとって、コストパフォーマンスの高い外構計画は大きな魅力となります。
工務店を選ぶ際には、この外構デザインに対する理解と提案力を重要視することが、後悔しない家づくりにつながります。
本シリーズでは、予算内で理想の外構を実現するための具体的なアイデアや材料選び、設計のポイントなどをご紹介します。
予算とデザインのバランスを取りながら、理想の住まいを実現しましょう。

 

 2.低予算でも魅力的な外構を実現するポイント

トミタの家づくり舎|「外構で家の雰囲気は大きく変わる?!外構のあれこれを紹介!」

構デザインを計画する上で、予算は多くの家庭にとって大きな懸念事項です。
しかし、工夫次第で限られた予算内でも、魅力的な外構を実現することは十分可能です。
ここでは、低予算でも効果的な外構デザインを実現するためのポイントを紹介します。

01.優先順位を決める
全てを完璧にしようとせず、最も重要な要素に焦点を当てましょう。
例えば、プライバシーを重視するなら、塀や生け垣を優先。見た目を大切にするなら、アプローチや門扉に予算を割り当てます。

02.シンプルなデザインを選ぶ
複雑なデザインや特別な素材はコストがかかります。
シンプルながらもスタイリッシュなデザインは、コストを抑えつつも高級感を出すことができます。

03.自然素材を活用する
自然石や古材など、手に入りやすい素材を利用することで、独自性がありながらコストを抑えることができます。
また、地元の素材を使うことは環境にも優しく、地域性を反映させることも可能です。

04.DIYできる部分は自分で
プロに頼まずとも、DIYできる範囲の作業は自分で行いましょう。
例えば、小さな庭の造園や、簡単な塀の設置などは、コスト削減に繋がります。

05.既存の要素を活用する
家の周りに既にある自然の要素(木々や岩など)をデザインに取り入れることで、無駄な撤去費用を節約し、独自性のある外構にすることができます。

低予算でも工夫と創造性を駆使することで、魅力的な外構デザインを実現することは決して不可能ではありません。
これらのポイントを活かし、賢く予算を配分することで、理想に近づけましょう。

 

 3.コストを抑えつつデザイン性を高める外構材料選び

トミタの家づくり舎|「外構で家の雰囲気は大きく変わる?!外構のあれこれを紹介!」

家の外観を左右する外構。その魅力を最大限に引き出すためには、材料選びが重要です。
特に予算を意識しながらもデザイン性を追求する場合、賢い材料選びが求められます。
ここでは、コストパフォーマンスに優れた外構材料の選び方をご紹介します。

01.リサイクル素材の活用
環境に優しく、コストも抑えられるリサイクル素材は、外構デザインにおいても有効です。
古木やリサイクルされた石などは、ユニークな雰囲気を演出することができます。

02.地元産材料を選ぶ
運送コストが低く、地域の風土にもマッチする地元産の材料を選ぶことは、コスト削減にもつながります。
また、地域性を反映したデザインは、外構の個性を際立たせます。

03.多目的に使用できる材料を選択
一つの材料で複数の用途に使用できるものを選ぶことで、全体の材料費を抑えることができます。
例えば、庭の敷石をアプローチや花壇の縁取りにも使用することで、統一感のあるデザインを実現しつつ、コストを節約できます。

04.耐久性を考慮
初期コストだけでなく、長期的なメンテナンス費用も考慮することが大切です。
耐久性の高い材料を選ぶことで、修繕費用の削減にもつながり、結果的にトータルコストの削減に貢献します。

05.シーズンオフの材料を狙う
建材の需要は季節によって変動します。
オフシーズンに材料を購入することで、コスト削減が可能になる場合があります。
デザイン性とコスト、どちらも譲れないあなたにとって、これらのポイントは外構計画において非常に有効です。
賢い材料選びで、予算内でありながらも理想の外構デザインを実現しましょう。

 

 4.若い方におすすめ!コスパ最強の外構デザインアイデア

トミタの家づくり舎|「外構で家の雰囲気は大きく変わる?!外構のあれこれを紹介!」

家を建てる若い方にとって、外構はただの装飾以上の意味を持ちます。
それは、快適な生活空間の延長として、また、家全体の印象を決定づける大切な要素です。
しかし、予算は限られているもの。そこで、コストパフォーマンスに優れた外構デザインのアイデアをいくつか紹介します。

01.自然を活かしたデザイン
庭に自生する植物を利用したり、地元で容易に入手できる天然石を使うなど、自然を活かしたデザインはコストを抑える上で効果的です。
自然の美しさを取り入れることで、少ないコストでも豊かな外構を作り出すことができます。

02.ミニマルな造園
シンプルながらも洗練されたデザインは、少ない材料で実現可能です。
例えば、一本の木や小さな水場、シンプルな石の配置だけで、モダンかつ心地よい空間を作り出すことができます。

03.DIYプロジェクト
手作りのアイテムや家具は、外構に個性と暖かみを加えるだけでなく、コスト削減にもつながります。
自作のウッドデッキや植木鉢、ライトアップなどで、個性的な空間を演出しましょう。

04.アップサイクル素材の使用
古材や再利用可能な資材を活用することで、コストを大幅に削減することが可能です。
また、アップサイクル素材はユニークな雰囲気を外構に加えることができます。

05.多機能スペースの設計
例えば、駐車スペースを兼ねた庭や、外での食事やリラックスができるスペースなど、一つのエリアに複数の機能を持たせることで、スペースを有効活用しつつ、コストを抑えることができます。
これらのアイデアは、予算に限りがあっても、工夫次第で魅力的な外構を実現できることを示しています。
若い方にとって、コスパ最強の外構は、家全体の価値を高める重要な投資となります。

 

 5.外構計画時に見落としがちなポイントとその回避方法

トミタの家づくり舎|「外構で家の雰囲気は大きく変わる?!外構のあれこれを紹介!」

外構計画は家の顔とも言える重要な部分ですが、計画時に見落としがちなポイントがいくつかあります。
これらを事前に把握し、適切な回避方法を知ることで、理想の外構を実現するための道筋を立てることができます。

01.将来の樹木の成長を考慮しない
樹木は成長するものですが、その成長を見越して植える場所を決めないと、将来的に建物や他の構造物に影響を及ぼす可能性があります。
植栽計画をする際は、樹木の種類ごとの成長予測を参考にしてください。

02.照明計画の不足
夜の外構を美しく見せるだけでなく、安全性を確保するためにも、照明計画は非常に重要です。
エントランスや歩道、植栽を照らすライトの配置を慎重に考え、暗がりの安全性も確保しましょう。

03.排水計画の見落とし
雨水の排水計画を十分に行わないと、庭が水浸しになるだけでなく、建物への損害にもつながりかねません。
地形や土壌の種類を考慮した上で、効果的な排水システムを設計してください。

04.季節の変化を考慮しない
外構は一年中を通してその美しさを保つべきですが、季節の変化を考慮せずに計画すると、一部の季節にだけ魅力が偏ることになります。
四季を通じて楽しめる植栽計画や素材選びを心がけましょう。

05.メンテナンスの手間を過小評価
美しい外構を維持するためには定期的なメンテナンスが必要です。
しかし、その手間を過小評価してしまうと、時間が経つにつれて管理が困難になります。
メンテナンスのしやすさも考慮した外構デザインを選ぶことが大切です。
これらのポイントに注意を払うことで、外構計画時にありがちな問題を回避し、長期にわたって快適に過ごせる外構を実現できます。

 

 6.工務店が提案する予算内で叶える理想の外構デザイン

トミタの家づくり舎|「外構で家の雰囲気は大きく変わる?!外構のあれこれを紹介!」

外構デザインは、家全体の印象を決定づける重要な要素です。
工務店としては、お客様の予算内で最大限の満足を提供するために、コスト効率の良いデザイン提案が求められます。
以下に、予算内で理想の外構デザインを叶えるためのポイントを紹介します。

01.相談を重ねる
お客様の要望を正確に把握し、予算とのバランスを考慮しながら、最適な提案をするためには、綿密な打ち合わせが不可欠です。
お客様の夢を実現するためには、コミュニケーションを重視しましょう。

02.フレキシブルなデザイン
予算に制約がある場合、フレキシブルに変更できるデザインが有効です。
将来的に拡張や改修がしやすい計画を立てることで、初期の予算内で基本を完成させつつ、後から段階的に理想に近づけることが可能です。

03.コストパフォーマンスの高い材料選び
材料選びは、コストとデザインの両方に影響します。
耐久性があり、メンテナンス費用が抑えられる材料を選ぶことで、長期的なコストパフォーマンスを高めることができます。

04.既製品とカスタム品の賢い組み合わせ
全てをオーダーメイドにするとコストがかかりますが、既製品とカスタム品を上手く組み合わせることで、コストを抑えつつも、個性的な外構デザインを実現することが可能です。

05.多機能スペースの設計
限られたスペースを有効活用するために、一つのエリアに複数の機能を持たせるデザインを考えることが重要です。
例えば、駐車スペースを兼ねた庭など、スペースを最大限に活用することで、予算内での理想の外構を実現できます。

これらのポイントを踏まえることで、工務店はお客様の予算内で、満足度の高い外構デザインを提案することができます。
予算とデザインのバランスを見極めながら、お客様にとって最適な外構を実現しましょう。

 

 7.まとめ:賢く予算を管理しながら理想の外構を実現する方法

トミタの家づくり舎|「外構で家の雰囲気は大きく変わる?!外構のあれこれを紹介!」

外構デザインは、家の第一印象を決定づける重要な要素です。
しかし、限られた予算の中で理想を実現するには、計画的かつ賢いアプローチが必要です。
本シリーズでは、予算を抑えつつも魅力的な外構を実現するための様々なポイントをご紹介してきました。
ここで、その要点をまとめて、賢く予算を管理しながら理想の外構を実現する方法について再確認しましょう。

01.計画段階での綿密な相談
外構デザインのプロセスは、お客様との綿密な相談から始まります。
予算、要望、将来の拡張性を十分に話し合い、最適なプランを立てましょう。

02.コストパフォーマンスの高い材料の選定
長期的な視点で、耐久性とメンテナンスの容易さを考慮した材料選びが重要です。
リサイクル材料や地元産の材料の利用も検討しましょう。

03.DIYとプロの作業のバランス
可能な範囲でのDIYに挑戦し、一部はプロに依頼することで、コストを抑えつつも質の高い外構を実現できます。

04.フレキシブルなデザインの採用
将来的に変更や拡張が可能なデザインを選ぶことで、初期の予算を抑えつつも、長期的には理想に近づけることができます。

05.多機能スペースの設計
限られたスペースを有効に活用することで、予算内で最大の価値を生み出しましょう。
賢く予算を管理しながらも、デザイン性と機能性を兼ね備えた外構を実現することは十分可能です。
計画的に、そしてクリエイティブにアプローチすることで、限られた予算の中でも、理想の外構デザインを実現することができます。
予算を賢く管理し、夢の外構を手に入れましょう。

 ご相談承っております

トミタの家づくり舎では、ライフプランシミュレーションを活用した住宅予算のご相談も承っております。
ご来社でのご相談の際にはキッズスペースもご用意しておりますのでお子様とご参加も頂けます。またオンラインでのご対応も可能です。
●個別相談会の詳細とご予約はこちらから
https://tomita-iedukuri.com/individual/
●各イベント開催の情報とご予約はこちらから
https://tomita-iedukuri.com/event/
●モデルハウス体験会のご予約はこちらから
https://tomita-iedukuri.com/model-house/

この記事を書いた人:伊藤 春洙

住宅アドバイザー

大学卒業後、企画開発・販売会社に入社し営業職として従事。その後「モノ売り」から「コト売り」に携わりたいと思い、30代後半で工務店へ転職し、住宅販売・リフォームの営業を行っていたところ、縁があって冨田建設に入社し現在に至ります。

一覧はこちら